【保険料は走る分だけ】

ひとりひとりのリスクにあわせた保険算出システムだから予想年間走行距離に応じて保険料を算出します。
※走行距離が『主に業務用』または記名被保険者が法人のご契約については走行距離による細分は適用されません。

『走る分だけ』の保険料とは?⇒走行距離が少ないと事故発生率は低くなる傾向にあることから、走行距離が少ないほど保険料が相対的に安くなるという仕組み。

ソニー損保は、年間走行距離の他にも、様々な条件ににより合理的に保険料を算出。

  

使用目的
3,000km以下 7,000km以下 11,000km以下
契約車両の使用目的が『主に家庭用』の場合、
予想年間走行距離に応じて7つの距離区分で保険料を算出。
あまり乗らない
1日あたり10km未満程度
週末は家族でドライブ
1日20km程度
毎日の通勤や旅行、帰省にも
1日30km程度
年間走行距離
保険料 [契約距離区分]
安い

高い

3,000km以下 あまり乗らない
5,000km以下 近所に買い物に行く程度、毎日使用(10km程度)
7,000km以下 休日使用(買い物、レジャー)、毎日使用(20km程度)
9,000km以下 休日使用(時々ロングドライブ)、毎日使用(25km程度)
11,000km以下 休日使用(時々ロングドライブ)、毎日使用(30km程度)
16,000km以下 毎日使用(40km程度)
無制限 毎日長距離走行

Q&A

Q・走らなかった分の保険料は損をする?
⇒A・走らなかった分の保険料はご継続の際に繰り越せます。

保健期間中の『走った距離』が契約距離区分の上限キロより『1,000km以上』少なかった場合は、その差額保険料から割引きます。

Q・契約距離区分をこえてしまったら、どうすればいいの?
⇒A・契約区分を変更していただくことでしっかり保障されます。

走行距離が契約区分を超えるときには、ソニー損保まで連絡してください。。
変更日から満了日までの差額保険料を支払えば、しっかり保障されます。
※万一、事故のときに契約距離分を超えて走行されていた場合には、変更日からではなく、保険開始日までさかのぼった年間分の保険料を支払うことで保障されます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク