ソニー損保の医療保険「SURE」と「ZiPPi」の特徴と使い分け

各種保険

ソニー損保の医療保険「SURE(シュア)」は保険料が割安であり、一生上がらない保険料が魅力的です。特にがんへの保障を手厚くしたい場合には、がん2倍プランがお得と評判です。一方、「SURE」は日額型の医療保険であり、幅広いカバー範囲が特徴です。そのため、実費型の医療保険「ZiPPi」との併用が効果的です。

「SURE」の特徴

「SURE」は日額型の医療保険であり、保険料が割安で一生上がらない特徴があります。がん2倍プランも用意されており、がんへの保障を強化できます。さらに、3大疾病や7大生活習慣病、女性特有の病気など、幅広い病気やケガに対応しています。また、1,000種類以上の手術や日帰り入院も保障されています。しかし、上限額があらかじめ決まっているため、大きな病気に備える場合は実費型の医療保険「ZiPPi」との併用が有効です。

「ZiPPi」の特徴

「ZiPPi」は実費型の医療保険であり、入院治療費の全額カバーが強みです。他の医療保険との併用も可能であり、先進医療の技術料や入院生活の諸雑費などを「ZiPPi」で補うことができます。これにより、「SURE」の日額型保障を活用しながら、実費の負担を軽減できます。両者は充実した保障内容を持っており、使い分けることで効果的な医療保険となります。

「SURE」の弱点

「SURE」の弱点としては、入院限度日数が60日に制限されていることや、日帰り手術が対象外となっている点が挙げられます。また、がん診断の一時金給付も2年に一度に限定されています。

まとめ

ソニー損保の医療保険「SURE」と「ZiPPi」はそれぞれ特徴的な保障内容を持っています。併用することで、保険料の割安さや広範なカバー範囲を活かしながら、実費の負担を軽減することができます。ただし、「SURE」には入院日数やがん診断給付の制限があるため、それを考慮して使い分けることが重要です。

タイトルとURLをコピーしました